独学で行政書士を学ぶ方法|何歳でも夢は叶えられる

教育分野の職業

保育士

小さな子どもと関わる

小学校や幼稚園の先生や保育士は、なりたい職業の上位に選ばれ、多くの子どもたちが憧れる職業のひとつです。なかでも保育士は月齢の小さな子どもから小学校就学前までの子どもを対象とし、朝から夕方までの預かり時間を子どもと密に関わる、専門職です。保育士を志す方は、保育士資格の取得を目指しますが、その取得方法は複数あります。もっとも王道の方法は、保育士養成カリキュラムをもつ学校へ入学し、養成課程を修了して資格を取得するものです。主な養成学校には四年制大学、二年制の短期大学や専門学校があります。学ぶ場所や履修に要する時間は異なりますが、どの学校でも保育士に必要な知識や実習がカリキュラムに組まれています。在学期間のうち、最終学年の大部分は資格取得に必要な保育実習や就職試験などに当てられます。そのため資格のための勉強ができる期間は、四年制大学ならおよそ3年間、二年制短期大学ならおよそ1年間となるのです。保育士は必要な知識が多く、どれも重要な内容になるためじっくり学びたいという方には四年制大学での履修をおすすめします。また、四年制大学を卒業すると大卒の給与設定になる場合があり、比較的高い給与を得ることができるというメリットも考えられます。管理職へ就くのも大卒の方が多く、保育者であるのはもちろん保育現場を円滑にするべくしくみを考えたり取りまとめたりすることも期待されます。机上の知識も重要ですが、子どもたちとの関わり合いから学ぶことも多く、在学期間に保育施設でボランティアやアルバイトをすることも大切な勉強になります。