独学で行政書士を学ぶ方法|何歳でも夢は叶えられる

保育のプロとして働くには

保育園

資格の取得方法と仕事内容

保育士になるためには、厚生労働大臣が指定する養成学校や施設で所定の課程を学び卒業する方法と保育士の国家試験に合格する方法があります。保育士の養成学校には専門学校や短期大学、4年制大学などがありますが、卒業することで試験が免除され保育士資格を自動的に取得できます。保育士の国家試験を受験する場合は、筆記試験と実技試験の両方に合格することで資格を取得できますが、国家試験を受験するための受験資格を満たしている必要があります。保育士として働きたい人の多くは、高校を卒業後に養成学校に進学し、卒業することで資格を取得する道を選びますが、社会人や主婦から保育士を目指す人の多くは、独学や通信講座を利用して国家試験に挑んでいます。保育士として働くためには必ず資格を取得する必要がありますが、資格を取得すると保育園や託児所、児童養護施設や病院など様々な場所で一生涯働くことができます。仕事内容は様々ですが、主に子どもの食事や排泄、着替えなど生活に必要なことを保護者に代わり行い、集団生活や様々な遊びを通して発達を促し、社会性を養う大切な役割を担っています。保育士には、保育に関する専門的な知識と責任感、子どもと一緒に活動するための体力などが必要ですが、愛情を持って子どもに接することがとても大切です。 待機児童が問題となっている日本では、まだまだ保育園や保育士の数が不足しているので、今後ますます需要が高まる仕事です。